車椅子の障害者に対しての失言だという説は…?

この「前のほう、座らないでくださ〜い」という台詞を、障害者に対してだという説があります。

+++++++++++++++
最前列で座っている足の不自由なファンに対し、
「前の方、座らないで下さ〜い」「どう思う?座ってたよ今!」
「一番前で観てんのに座ってたよ〜?」「感じ悪いね〜」
と、そのファンに暴言の雨あられ。会場はあゆ支持の歓声を上げ、
ついにはそのファンはその場で泣き出してしまう。
+++++++++++++++

上記は、例の2ちゃんねるでの書き込み例です。
似たような書き込みは捜せばいくつか見つけることができます。
ここに書いてあることが事実ならば、確かに「失言」というか、すでに「暴言」の域でしょう。

しかし、糸井重里のブログによれば、言葉を発した相手は
「東京に来てからずうううっとした親しくしてる人達」
なのだそうです。
その人たちが、照れてノリが悪いので「立てよ」みたいに冗談めかして言ったというのです。

また、「昔、浜崎あゆみと共に働いていた者」という人が、「MoCovideo」のコメントに次のような文章を残しています。

+++++++++++++++++
ライブに来てくれてずっと立ちっぱなしのファンを思い、
最前列近くにいた共に働いている仲のいいスタッフに対して言った言葉です。
+++++++++++++++++

これらが事実だとしたら、「障害者に対して放った失言・暴言説」はいったいなんなのでしょう。

それはアンチ浜崎あゆみの人がネット上でリリースした「ねつ造」だったということです。
たしかに、発言自体はしています。
しかし、それは車椅子の人に向かってではなく、仲良しの関係者に対してのものです。

ただ、それはそうだとしても、

「客にむかってこういう言い方はないだろ」
「みんなの中でああいう言い方自体がいじめだろ」

などという感想があるのも事実ですね。

……この記事の全文をみる


Edit